ブンゴウメール公式ブログ

青空文庫の作品を1ヶ月で読めるように毎日小分けでメール配信してくれるサービス「ブンゴウメール」のブログです

イワンの馬鹿(19/61)

(529字。目安の読了時間:2分) そしてライ麦の刈あとでも、一つの穴を見つけました。「こりゃきっと仲間によくないことがあったにちがいない。」と小悪魔は考えました。「一つおれが代ってあの馬鹿を取っちめなくちゃならないぞ。」 そこで小悪魔は、イワ…

イワンの馬鹿(18/61)

(494字。目安の読了時間:1分) タラスはイワンを見て言いました。「おい、もう一度商売が出来るまでおれと家内を養ってくれ。」「いいとも、いいとも。」とイワンは言いました。「よかったら、いつまでもいなさるがいい。」 イワンは上着をぬいで、椅子に…

イワンの馬鹿(17/61)

(481字。目安の読了時間:1分) でないと折角のいい麦がだめになってしまう。これをもとの麦束に返す方法を教えてくれ。おれはこれから麦を落そうと思っているんだ。」 そこで小悪魔は言いました。「それはこうです。私の家来に命いつける兵隊よ兵隊よ、元…

イワンの馬鹿(16/61)

(509字。目安の読了時間:2分) あなたが命令を下しさえすればどんなことでもします。」「じゃ唄がうたえるかい。」「ええ出来ますとも、あなたが命令なさりさえすれば。」[#「。」」は底本では欠落]「よしよし、じゃ一つこしらえてくれ。」 すると小悪…

イワンの馬鹿(15/61)

(488字。目安の読了時間:1分) イワンは馬に草をやると、用意して妹と一しょに、ライ麦を運びにやって来ました。やがて麦束を積みはじめました。二束ほど車に投げ込んで、三束目を上げようとして熊手をつき込むと、その尖(さき)が、小悪魔の背中へ、突き…

イワンの馬鹿(14/61)

(601字。目安の読了時間:2分) イワンが鎌を持って行ってみると、れいのしっぽを切られた小悪魔は先に廻って麦を滅茶苦茶に乱しておいたので、また鎌がつかえなくなりました。それでイワンは家へ行って、別の鎌を持って来て、それで刈りはじめ、すっかりラ…

イワンの馬鹿(13/61)

(531字。目安の読了時間:2分) イワンは家へ帰って鎌をといでまた草を刈りはじめました。小悪魔は草の中へもぐり込んで、その鎌の先きを捉えて、切尖を地へ突っ込むようにしはじめました。イワンは、仕事が大へん骨折れると思いましたが、それでも秣場をす…