ブンゴウメール公式ブログ

青空文庫の作品を1ヶ月で読めるように毎日小分けでメール配信してくれるサービス「ブンゴウメール」のブログです

【初めての方へ】ブンゴウメールについて

ブンゴウメールとは?? ブンゴウメールとは、青空文庫の作品を小分けにして、毎朝メールで配信。 気づいたら毎月1冊本が読めてしまう、忙しいあなたのための読書サポートサービスです。 bungomail.notsobad.jp

イワンの馬鹿(32/61)

(528字。目安の読了時間:2分) ところが、ちょうどその頃、王様のお姫様が病気にかかりました。王様は町々村々へおふれを出して、姫をなおした者には望み次第のほう美を与える、もしそのなおした者におよめさんがなかったら、姫をおよめさんにやるとつたえ…

イワンの馬鹿(31/61)

(495字。目安の読了時間:1分) そこで二人は自分たちの持ち物を分けて二人とも王様になり、お金持になりました。 八 イワンは家にいて両親を養い、唖(おし)の妹を相手に野ら仕事をして暮しました。さて、あるときのこと、イワンの家の飼犬が、病気にかか…

イワンの馬鹿(30/61)

(560字。目安の読了時間:2分) 「お前さんのお金がミカエルの娘の牝牛を奪って行ったからだ。」「どうして。」「ただ持って行ってしまったんだ。ミカエルの娘は牝牛を一匹もっていた。その家の子供たちはいつもその乳を飲んでいた。ところがこの間その子供…

イワンの馬鹿(29/61)

(485字。目安の読了時間:1分) イワンは頭をふりました。「いいや、わしはもう兵隊はこさえない。」とイワンは言いました。「でもお前はこさえてやると約束したじゃないか。」「約束したのは知っているが、わしはもうこさえない。」「なぜこさえない、馬鹿…

イワンの馬鹿(28/61)

(527字。目安の読了時間:2分) タラスは馬車一台に金貨をつみ込んで、商売をしに出かけました。 こうして二人の兄は出て行きました。シモンは戦に、タラスは商売に。そして、シモンは一国を平げて自分のものにし、タラスは商売で、たくさんお金をもうけま…

イワンの馬鹿(27/61)

(493字。目安の読了時間:1分) タラスはイワンに、こう言いました。「お前はどこから金貨を手に入れたのだね。資本さえありゃ、おれは世界中の金をみんな手に入れることが出来るんだがな。」 イワンはおどろきました。そして言いました。「そりゃ本当かね…

イワンの馬鹿(26/61)

(487字。目安の読了時間:1分) 「だがいいかね、わしが兵隊をこさえたらお前さんはすぐつれて行かなきゃいけないよ。兵隊をこっちで養うことになると、一日で村中食いつぶされてしまうからな。」 シモンは、その兵隊をみんなつれて行くことを約束しました…