ブンゴウメール公式ブログ

青空文庫の作品を1ヶ月で読めるように毎日小分けでメール配信してくれるサービス「ブンゴウメール」の公式ブログです。

2019-06-08

猫町(8/16) - ブンゴウメール

ブンゴウメール

(738字。目安の読了時間:2分)

概して文化の程度が低く、原始民族のタブーと迷信に包まれているこの地方には、実際色々な伝説や口碑があり、今でもなお多数の人々は、真面目に信じているのである、現に私の宿の女中や、近所の村から湯治に来ている人たちは、一種の恐怖と嫌悪の感情とで、私に様々のことを話してくれた。

彼らの語るところによれば、或る部落の住民は犬神に憑かれており、或る部落の住民は猫神に憑かれている。

犬神に憑かれたものは肉ばかりを食い、猫神に憑かれたものは魚ばかり食って生活している。

 そうした特異な部落を称して、この辺の人々は「憑き村」と呼び、一切の交際を避けて忌み嫌った。

「憑き村」の人々は、年に一度、月のない闇夜を選んで祭礼をする。

その祭の様子は、彼ら以外の普通の人には全く見えない。

稀れに見て来た人があっても、なぜか口をつぐんで話をしない。

彼らは特殊の魔力を有し、所因の解らぬ莫大の財産を隠している。

等々。

 こうした話を聞かせた後で、人々はまた追加して言った。

現にこの種の部落の一つは、つい最近まで、この温泉場の附近にあった。

今ではさすがに解消して、住民は何所かへ散ってしまったけれども、おそらくやはり、何所かで秘密の集団生活を続けているにちがいない。

その疑いない証拠として、現に彼らのオクラ(魔神の正体)を見たという人があると。

こうした人々の談話の中には、農民一流の頑迷さが主張づけられていた。

否でも応でも、彼らは自己の迷信的恐怖と実在性とを、私に強制しようとするのであった。

だが私は、別のちがった興味でもって、人々の話を面白く傾聴していた。

日本の諸国にあるこの種の部落的タブーは、おそらく風俗習慣を異にした外国の移住民や帰化人やを、先祖の氏神にもつ者の子孫であろう。

\=========================

ハッシュタグ「#ブンゴウメール」をつけて感想をつぶやこう! 

http://bit.ly/2JOpfEP

■Twitterでみんなの感想を見る:https://goo.gl/rgfoDv

■ブンゴウメール公式サイト:https://bungomail.com

■次に読みたい作品を教えてください!:http://blog.notsobad.jp/entry/2018/05/03/145404

■青空文庫でこの作品を読む:https://www.aozora.gr.jp/cards/000067/files/641_21647.html

■運営へのご支援はこちら: https://www.buymeacoffee.com/bungomail

メール配信の停止はこちら:https://goo.gl/forms/kVz3fE9HdDq5iuA03

-------

配信元: ブンゴウメール編集部

NOT SO BAD, LLC.

Web: https://bungomail.com

Mail: [email protected]

公式サイト

ブンゴウメール

ブンゴウメール

1日3分のメールでムリせず毎月1冊本が読める、忙しいあなたのための読書サポートサービス

ブンゴウサーチ

ブンゴウサーチ

ブンゴウサーチは、青空文庫の作品を目安の読了時間で検索できるサービスです。